自立立体駐車場の種類と比較について - 自立立体駐車場はこんな場所には不向きです

自立立体駐車場の種類と比較について

subpage-img

自立立体駐車場は広大な敷地を持つマンションやショッピングセンター、商業施設や事務所、公共施設や社員用の駐車場などに適していると言われています。


しかし、自立立体駐車場にはフラット式やスキップ式、連続傾床式の3種類があり、それぞれの特徴の中には向き不向きもあります。

人気の自立立体駐車場情報といえばこちらです。

駐車のしやすさは車の運転を始めたばかりの初心者マークの人には重要なポイントになりますが、3種類の自立立体駐車場の中ではフラット式、スキップ式、そして連続傾床式の順に駐車のしやすさがあります。
ショッピングセンターなどの場合は、様々なレベルのドライバーがマイカーを止めるなどからもフラット式が最適と言えましょう。

一方収容台数については、連続傾床式が一番確保しやすく、続いてスキップ式、フラット式は3種類の中では収容台数の確保の点においては劣っています。

フラット式は収容台数そのものの確保が少なくなってしまいますが、駐車のしやすさが高いなどからも、ショッピングセンターや大規模マンションなどの自立立体駐車場に向いているタイプと言えましょう。
連続傾床式は通路と駐車スペースが緩やかに傾いているタイプになるので、駐車のしやすさはあまり良くありません。



そのため、不特定多数の人が利用するマンションや共教施設、ショッピングセンターなどには適しませんが、工場などのような社員用駐車場や事務所などには最適です。

また、スキップ式は2つの利点を持つ自立立体駐車場で様々な施設で活用出来ます。



top