自立立体駐車場はこんな場所には不向きです

img1-1

自立立体駐車場は土地を立体的に活用する駐車スペースになるので収容台数の確保が出来ますし、機械式駐車場のような機械操作が要りませんので入出庫の操作による待ち時間が不要などのメリットもあります。
賃貸経営を行う人の中には入居者の確保を目的で自立立体駐車場や機械式駐車場を導入されるケースは多いと言えましょう。

自立立体駐車場の情報を見つけよう。

機械式駐車場と比較した場合、管理コストが安くなるので駐車場料金を下げる事が出来る、駐車場料金が安いと借り手が付きやすいなどのメリットが自立立体駐車場にはあるわけです。

通路が狭い時などは行き違いが大変になる事もあります。

自立立体駐車場では通路をある程度確保しておかないとすれ違いが生じた時に苦労する、入出庫が重なった時なども大変です。

設計に応じて駐車スペースが斜めになるケースもあり、乗車時のドアの開閉時に、隣に止まっている車にぶつけてしまう可能性も出てしまいます。

端に止める場合、既に隣に車が止まっている時には入出庫がしにくくなる事もあるので、端の駐車スペースは少し広めにしておくなどの工夫も必要です。



また、自立立体駐車場は一番上の階は屋根がないため、夏時期などでは車内が高温度に達してしまう、積雪がある時などは屋根の上の雪を取り除かなければならないなどからも、駐車料金を下の階よりも下げなければならないケースもあるので注意が必要です。



階数を増やす事でより多くの収容台数を確保出来ますが、通路を広くするなどの工夫が重要なポイントになって来ます。

大事な駐車場の事

img2-1

自立立体駐車場は設備を必要最小限に抑え効率的に運営することができる駐車場として非常に注目されており、近年非常にその建築が進んでいる駐車場でもあります。その大きなポイントは駐車をする車両が場内を自ら走行し駐車スペースに収まると言う点で、設備により収容する立体駐車場に比べ設備のメンテナンスにかかる費用が削減できるほか、様々なトラブルに対する対応も軽減されることから非常に経営がしやすいものとして注目されているのです。...

more

駐車場について思うこと

img3-1

自立立体駐車場は自走式とも呼ぶ駐車場です。自走式はドライバーが駐車スペースまでスロープなどを利用して車を走らせる事から呼ばれているものです。...

more

駐車場の身になる知識

img4-1

自立立体駐車場は広大な敷地を持つマンションやショッピングセンター、商業施設や事務所、公共施設や社員用の駐車場などに適していると言われています。しかし、自立立体駐車場にはフラット式やスキップ式、連続傾床式の3種類があり、それぞれの特徴の中には向き不向きもあります。...

more

駐車場の情報分析

img5-1

自立立体駐車場とは複数階を持つ駐車場で傾斜のあるスロープなどを使って運転して移動させるものです。通常の平面駐車場と同じ土地面積に対してより多くの車を駐車できるので狭いスペースでも効率良く利用できるため、マンションや商業施設などで使われています。...

more
top