自立立体駐車場とは何か

subpage-img

自立立体駐車場とは複数階を持つ駐車場で傾斜のあるスロープなどを使って運転して移動させるものです。


通常の平面駐車場と同じ土地面積に対してより多くの車を駐車できるので狭いスペースでも効率良く利用できるため、マンションや商業施設などで使われています。
メリットには維持のしやすさが挙げられ、自立立体駐車場の構造がしっかりしていれば機械のように故障して使えなくなることがないのでメンテナンス費用が抑えられ、使用できる期間も長いです。

駐車中の車まで自由に行けるため、機械式のように一度出庫しないと荷物の出し入れができない不便さがありません。

自立立体駐車場情報を選びました。

入出庫の際の操作の待ち時間もないため、利用者の多い駐車場でもそれほど待たされないので快適です。



マンションで使う場合には利用者が減ってしまうこともありますが、元々メンテナンス費用が少ないので影響が少なくなります。


機械式では空きができてもメンテナンスしないと故障で使えなくなるので省略できずに高い費用がかかり続けてしまい、マンションの管理費を無駄に圧迫してしまう問題があるので、自立立体駐車場が運用しやすいです。
自立立体駐車場デメリットは平面駐車場と同様であり、人が運転するので接触事故が起きる危険性があります。ハンドル操作を誤ったり、駐車後も扉を勢いよく開いて隣にぶつけて傷を付けてしまうことがあるので、トラブルを避けるために余裕を持って利用できるスペースを取っておいた方が良いでしょう。



top