自立立体駐車場は大きく分けて3種類があります

subpage-img

自立立体駐車場は自走式とも呼ぶ駐車場です。


自走式はドライバーが駐車スペースまでスロープなどを利用して車を走らせる事から呼ばれているものです。
自立立体駐車場には大きく分けるとフラット式、スキップ式、連続傾床式の3種類があり、種別は専用昇降路の設置方式によるものです。

フラット式は各階の垂直移動を1つのスロープを使って行うタイプ、駐車スペースが平坦になるので駐車しやすさを持ちます。

車の駐車が得意ではない人などにも安心な立体駐車場と言えましょう。

お手軽な自立立体駐車場情報を探しましょう。

但し、単独でのスロープが必要になるので面積に対する収容台数は少なくなります。

連続傾床式は床全体がスロープになっているもの、そのため駐車スペースも僅かに傾斜しているなどの特徴を持ちます。



水平移動のための車路と垂直移動のためのスロープを共用するので無駄なスペースがない、面積に対する収容台数の確保も3種類の中では一番多くなります。


但し、床全体が傾斜しているため駐車がしにくいなどのデメリットがあります。

スキップ式はフラット式と連続傾床式の中間タイプです。



フロア毎に中間階を設けているのがスキップ式の特徴で、中間階に駐車スペースを設ける事で収容台数を確保しやすくしています。

また、駐車スペースの床は傾床式のように傾いていない、平坦になっているので駐車がしやすいメリット、さらに駐車する車の台数を確保出来るなどからも、自立立体駐車場の中でも2つの利点を生かした駐車場と言えましょう。

top